地域包括ケア病床のご案内

HOME>地域包括ケア病床のご案内

当院では、急性期治療後の在宅・生活復帰に向けた医療や支援を行うため、平成28年10月より、『地域包括ケア病床』を開始致しました。

地域包括病床ケアとは

通常、急性期治療が終了し病状が安定した方は退院となりますが、急性期治療を終了した後、すぐに在宅復帰、または施設等へ移行することに不安がある方に対して「入院診療計画書」に基づき、主治医・看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカー・その他のメディカルスタッフが協力し、安心して退院できるように在宅・生活復帰へ向けて医療や支援を行うことを目的とした病床です。

対象となる方
1.入院治療により症状は改善したが、経過観察や在宅復帰への環境整備が必要な方
2.急性期の治療により症状が安定した後も、在宅復帰に向けて治療が必要な方
3.退院よりリハビリテーションを目的とした転院をされる方
4.生活習慣病等の疾患の治療、教育入院を目的とされる方
5.介護者の都合により入院が必要な時
6.1~5の他、主治医に必要と判断された方
※病状に応じ入院期間は調整しますが、保険診療上最大60日以内までです。
 症状が安定しましたら、ご自宅、施設などに退院いただきます。

入院費用について

地域包括ケア病床に入院された場合、入院費の計算方法が通常と異なり一日当たりの定額制で、「地域包括ケア病床入院料2」を算定します。
検査・投薬・注射・リハビリテーションなどの費用が含まれます。

・病状の変化により主治医が集中的な治療が必要と判断すれば、急性期病床に転床する
 (お部屋を移動していただく)場合があります。

・高額療養費制度もご利用いただけます。

入院費以外にかかる費用
※食事・オムツなど保険診療対象外は、費用に含みません。


地域包括ケア病床の病室

(差額ベッド料金はありません)

・208号(2床)
・210号(4床)
・212号(4床)

※個室はございません。


入院中また退院前に患者様・ご家族・関係施設スタッフ・ケアマネージャー等を交えた支援会議を開催し退院後の支援をさせていただきます。院内の医療連携室では、医療に関する相談も行っています。
ご遠慮なくお申し出ください。
※ご不明な点は、地域医療連携室・病棟師長までお気軽にご相談下さい。

秋吉病院電話番号:0973-23-0808
お問い合わせ対応日時:平日9:30~17:30