内視鏡検査

HOME診療のご案内>内視鏡検査

胃・十二指腸内視鏡検査

胃・十二指腸内視鏡検査 上部消化管内視鏡検査

胃カメラと呼ばれる検査で、食道・胃・十二指腸を観察します。
検査中、病変部位(ポリープ・潰瘍など)があれば、病理検査のため病変の一部を摘み取る生検(組織を顕微鏡で観察)を行います。

検査を行うにあたって
1. 検査前日の夕食は午後9時までに軽くとります。
それ以降の飲食は控えて下さい。
水分の摂取は水のみです。
2. 検査当日の朝食はとれません。
水のみ摂取は結構です。
朝、お薬を服用されている方は事前に担当医師にご相談下さい。
3. 検査は予約制ではありません。
検査希望日の午前9時30分までにご来院下さい。
4. 当日の服装は身体を締め付ける衣服は避けて下さい。
(和服、腹巻き、ボディスーツ、ガードルなど)
大腸内視鏡検査

大腸カメラと呼ばれる検査で、大腸と小腸の一部を観察するために、肛門から内視鏡を挿入します。
検査中、病変部位(ポリープ・炎症など)があれば、病理検査のため病変の一部を摘み取る生検(組織を顕微鏡で観察)を行います。

検査を行うにあたって
1. 検査は予約制となっております。
2. 当院では検査前日からの一泊入院をお勧めしています。
3. 大腸カメラでは、大腸の中を空にしなければなりません。
検査前日の昼・夕食は検査食を食べて頂きます。
4. 検査当日は検査終了までは食事はとれません。
水のみ摂取できます。

※当院では、胃・大腸ポリープを切り取るポリペクトミーや、EMR(内視鏡的粘膜切除術)も行っています。